読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きなこ猫のスッキリ生活

漫画とダイエットレシピ。猫2匹と暮らしながら趣味でお絵かき

三毛猫のジンジャークッキーレシピ!冷え性をおやつで改善

レシピ レシピ-スイーツ

スポンサーリンク

三毛猫のジンジャークッキーレシピ

冷え性に効果的な生姜を使って、三毛猫のジンジャークッキーレシピを作りました。

見た目がとっても可愛くて、蜂蜜の優しい甘さとしょうがの香りがあと引く美味しさです(*ฅ́˘ฅ̀*)

生姜チューブで作るので、使い切れない時の消費レシピとして作ってもいいです。

温かい飲み物と一緒に食べると冷えた体がポカポカ温まります。代謝が悪い人や冷え性の人におすすめです。

このジンジャークッキーは型抜きして作るので、世界に1枚しかないミケ猫クッキーが作れますよ♪では材料とカロリーを紹介します。

材料とカロリー

三毛猫のジンジャークッキーの材料は、クッキーの厚みによって枚数は変わりますが、天板1枚分の28枚分になります。

合計カロリーは718kcalで、1枚のカロリーは約26kcalです。

材料とそれぞれのカロリーを計算しました。

材料カロリー
小麦粉 100g 367kcal
バター 25g 186kcal
はちみつ 大さじ1.5(35g) 103kcal
生姜チューブ 小さじ1 2kcal
三温糖(砂糖) 大さじ1(12g) 46kcal
ベーキングパウダー 小さじ1/2(2g) 3kcal
かぼちゃ 10g 8kcal
ピュアココア 1g 3kcal
合計   718kcal

カロリー計算はあすけんアプリを使用しています。

このレシピは卵不使用、バターも控えめです。普通のバタークッキーよりもカロリーを約50%抑える事ができます。

ダイエット中はおやつを100kcal前後に押さえるのが理想的といわれているので、1日4枚まで食べることができますよ。

冷えを改善するのはむくみ解消にも効果的です。生姜とはちみつの効果効能を調べてみました。

生姜とはちみつの効果・効能

生姜は紀元前500年前、はちみつは1万年前から食べられていたといわれている歴史の長い食品です。

生薬や医薬品としても使われていたしょうがと蜂蜜には、一体どんな効果効能があるのでしょうか?それぞれ調べてみました。

生姜の8つの効果・効能

生姜には、体を温めてくれる「ショウガオール」という成分と、免疫力を高める「ジンゲロール」という成分があります。

この2つの成分が体に与える8つの効果をまとめました。

  1. 風邪やインフルエンザになりにくくなる
  2. 血液がサラサラになる
  3. 脂肪と糖の代謝がアップ
  4. 冷え性の改善
  5. 腰やひざなどの関節の痛みを改善
  6. 胃腸の働きを改善して負担を軽減
  7. ピロリ菌を殺菌、胃の潰瘍を抑える
  8. 吐き気や頭痛を抑える

生姜の保温効果は約3~4時間持続するので、体が冷えやすい人は時間を分けて摂ることによって効果が長続きします。

はちみつの9つの効果効能

蜂蜜には80種類の酵素や22種類のアミノ酸、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなど150種類以上の成分が含まれた総合栄養食品です。

はちみつの効果効能をまとめました。

  1. 善玉菌を増やす整腸作用
  2. ビタミンB群がエネルギーの代謝をアップ
  3. 肌荒れを改善
  4. アンチエイジング効果
  5. 疲労回復効果
  6. 高血圧予防
  7. 咳止めや喉の痛みを抑える
  8. 脳の活性化
  9. 安眠効果

蜂蜜には冷えや疲れを改善してくれる効果が期待できます。

単糖なので集中力が落ちてきた時に蜂蜜はおすすめです。すぐに脳のエネルギーになり、集中力がアップしますよ(*´꒳`*)

それでは生姜と蜂蜜を使った三毛猫のジンジャークッキーの作り方を紹介します。

作り方

三毛猫のジンジャークッキーの作り方

まず、かぼちゃを1切れをレンジで1分ほどチンします。写真の半分くらいで足りました。

オレンジ色に近い濃い色のかぼちゃのほうが模様がキレイに出ます。

三毛猫のジンジャークッキーの作り方

熱が通ったら皮以外をフォークで潰します。

ジンジャークッキー簡単レシピ

ココアとかぼちゃ以外の全ての材料を保存袋などのビニール袋に入れ、袋の上から揉んで混ぜます。

角に力を入れすぎると破れることがあるので注意してください。

バターはチンして混ぜたほうが早いのですが、私は食器が汚れるのが嫌だったので手の熱で溶かしました。

生姜クッキーレシピ

クッキー生地がひとまとまりになりました。

簡単生姜クッキーレシピ

ここから三毛猫の模様の分の生地を30gくらい取って2つに分けます。

ココアとかぼちゃの色が均一になるまで、それぞれの生地を混ぜます。

ココアが上手く混ざらない時は少しだけ蜂蜜を混ぜると、まとまりやすくなります。

型抜きは1回では終わらないので、2回目用に生地を別で少しとっておくと厚みの調整がしやすいです。

卵なしクッキーレシピ

三毛猫になる3色の色の生地ができました。

ダイエットクッキーレシピ

袋に入れたまま、綿棒で伸ばします。

生地は少し厚めに伸ばしましょう。写真はちょっと薄くしすぎました。

型抜きジンジャークッキー簡単レシピ

かぼちゃとココアの生地をちぎって、バランス良く配置していきます。

かぼちゃとココアクッキー生地

また綿棒で上から伸ばします。

三毛猫生地ができました(*ฅ́˘ฅ̀*)

ジンジャークッキー簡単レシピ

袋の両サイドをハサミで切って、端っこから型抜きしていきます。

3色の模様が入るようにすると可愛いです。

ジンジャークッキー簡単レシピ

型を抜き終わったら別で取っておいた生地を下にしいて、またビニール袋の上から綿棒で伸ばします。

ジンジャークッキー型抜き

だんだん模様がサビ猫っぽくなって、これはこれで可愛いです(*´꒳`*)

卵なしクッキーレシピ

三毛猫がたくさんできました~!

猫クッキーレシピ

色んな模様の三毛猫ちゃん♪

猫クッキーレシピ

最後に余った生地は丸めて一緒に焼いてしまいましょう。

ジンジャークッキー簡単レシピ

180度に予熱したオーブンで13分~15分焼きます。

クッキーの厚みによって焼き時間は調整してください。

薄いクッキーだともう少し短くてもいいです。10分過ぎたくらいからオーブンの中の様子を見るようにしてください。

ジンジャークッキー簡単レシピ

焼けたらオーブンから出して、熱を冷ませば完成です!

三毛猫のジンジャークッキーを食べた感想

三毛猫ジンジャークッキー簡単レシピ

完成した三毛猫クッキーとっても可愛いです♪

何だか食べるのがもったいない~!(๑˃̵ᴗ˂̵)

かぼちゃの色が焼くと少し薄くなるので、次はもっと濃い色のかぼちゃにしようと思いました。

三毛猫ジンジャークッキー

後ろ姿の三毛猫ちゃん食べてみました。

生姜の味がしっかりします!蜂蜜との甘さのバランスが丁度いいです!めっちゃ美味しい♪(*ฅ́˘ฅ̀*)

歯ごたえもしっかりあるので満足感があります。

生姜好きにはたまらない味のクッキーでした~!

三毛猫ジンジャークッキーレシピ

写真は合成ですが、こんな感じにチョコペンで顔を描くともっと可愛いと思います。

差し入れやプレゼントにも喜ばれそうです(*´꒳`*)

まとめ

三毛猫ジンジャークッキーレシピ

三毛猫のジンジャークッキーは作るのが楽しいので、子供や友達と一緒に作ってみてはどうでしょうか。

タッパーなどの密閉容器にキッチンペーパーを敷いて保存すると、サクサク感が長持ちします。

私は生姜チューブがなかなか使い切れなくて古くなってしまいがちなので、定期的におやつに作ろうと思いました。

材料を袋に入れて混ぜるので、洗い物も少ないです。

冷え性の人や生姜が大好きな人におすすめのレシピなので、是非作ってみてください♪(*ฅ́˘ฅ̀*)

 

kinakoneko.hatenablog.com