読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きなこ猫のスッキリ生活

漫画とダイエットレシピ。猫2匹と暮らしながら趣味でお絵かき

コンビニドーナツが売れない理由と売れる新商品の提案

スポンサーリンク

コンビニドーナツが売れない理由

コンビニスイーツといえばレジの横にドーナツがよく置いてありますよね。

そのコンビニドーナツが売れないという話を聞きますが、糖質と脂質たっぷりのドーナツは毎日食べたくても健康上の問題で買うのを控えてしまいます。

それなのにコンビニ業界は何故カロリーたっぷりの新商品を開発し続けるのでしょうか。

コーヒーとの抱き合わせ販売を狙っているとのことですが、私たち消費者はコンビニドーナツで以下のような4つのリスクを負うことになります。

  1. 太る
  2. 眠くなる
  3. 糖尿病になるリスク
  4. 肌荒れする

血糖値が急激に上がることによって眠くなったり、糖尿病になる危険性が高まります。

若い人や食べても太りにくい人はいいかもしれませんが、ドーナツに含まれるたっぷりの脂質は肥満や、肌荒れを引き起こす原因にもなります。

たまに食べるのならいいのですが、ドーナツを毎日食べるのは健康を損なうリスクが高いです。

しかし私もドーナツは大好きなので、食べたくなった時にお店や商品がなくなってしまうのは嫌です。コンビニドーナツが売れない理由と、定期的に売れる新商品の提案を考えてみました。

ドーナツ市場は少ない牌の取り合い

ドーナツ店の大手ミスタードーナツや、クリスピー・クリーム・ドーナツ(クリスピー)の経営状態は悪く、閉店が相次いでいるそうです。

biz-journal.jp

そこへコンビニが参入してドーナツ戦争が起こり、ドーナツファンという少ない牌を取り合っています。

ミスタードーナツは色んな種類をたくさん買って帰るお土産的な要素が強いのに対して、コンビニは菓子パンや軽食といった食事の変わりや手軽な1人分のおやつとして買う目的があります。

しかし、最近は世の中が健康志向になってきているので、ドーナツ業界で生き残るためにはその風潮を積極的に取り入れるべきではないでしょうか。

そこで私が消費者目線からコンビニで定期的に買いたいと思えるドーナツの新商品を考えてみました。

コンビニ業界やドーナツ業界で働いている人の目に止まることがあれば、是非アイデアを採用してほしいです(*ฅ́˘ฅ̀*)

コンビニで売れる6つのヘルシードーナツ

コンビニで売れるヘルシードーナツ

コンビニにあったら買いたくなる「ヘルシードーナツのアイデア」を6種類考えてみました。

100kcal以下のドーナツ

「ドーナツは好きだけどカロリーが気になる」という人は多いと思います。

そこで全てのドーナツのカロリーが100kcal以下だったらどうでしょうか。多少値段は高くても1人で2個や3個買う人は増えると思います。

ドーナツは油で揚げると脂質が増えるので、焼きドーナツにしてカロリーを抑えれば女性にはうけるでしょう。

タンパク質たっぷりのプロテインドーナツ

たんぱく質や大豆イソフラボン、プロテインなどを配合したドーナツを美味しく作ることができたら売れます。

筋トレをしている男性やホルモンバランスを整えたい女性にも人気が出るでしょう。

おからドーナツや豆腐ドーナツなどタンパク質たっぷりのドーナツを作ったら健康志向の人にもマーケットを拡大することができると思います。

ただおから入りというドーナツではなく、タンパク質のグラム表示をするドーナツというのは新しいと思います。

食物繊維とビタミンたっぷりの野菜ドーナツ

野菜をたっぷり練り込んだドーナツを美味しく作ることができれば女性にうけると思います。

野菜をドーナツで補うという発想は意外性があるし、野菜の色を活かしたカラフルなドーナツを作るのもおすすめです。

食物繊維とビタミンが摂れるドーナツというのは需要があると思います。いろんなドーナツの種類を考えてみました。

  • 野菜350g入りドーナツ
  • 紫芋のドーナツ
  • かぼちゃのドーナツ
  • 人参ドーナツ
  • さつまいもドーナツ

野菜ドーナツを作っている店はありますが、店舗が少なく単価が高いのがデメリットです。

コンビニの力で安く身近に買うことができたら野菜ドーナツはヒットすると思います。

コラーゲンやヒアルロン酸入りのドーナツ

ドーナツを食べると気になるのが肌荒れです。

しかし、ドーナツを食べて肌が綺麗になれば、女性は特に嬉しいと思います。

コラーゲンやヒアルロン酸入りのグミやゼリーを混ぜたドーナツはどうでしょう。

ドライフルーツのような食感にすれば見た目も豪華になりますし、ドーナツを食べる罪悪感も薄れるのではないでしょうか。

糖質オフふすまドーナツ

糖質をカットしたドーナツというのは単価は高くなりますが糖質制限をしている人にうけると思います。

ドーナツといえば糖質の塊というイメージなので、糖質オフドーナツが毎日コンビニで買うことができたらリピートする人は多いのではないでしょうか。

糖質が少ないふすまを使った「ふすまドーナツ」は通販すると高いので、コンビニで買えるようになれば売れる気がします。

新陳代謝アップの生姜唐辛子ドーナツ

 新陳代謝がアップする生姜や唐辛子を使ったドーナツは冷え性の人が興味を持つと思います。

ドーナツを食べて身体がポカポカするのを実感したり、冷え性が改善するなら定期的に食べたいと思うのではないでしょうか。

身体の代謝が上がるドーナツを朝食に食べたいと考える人はきっといると思います。

まとめ

コンビニで買いたいドーナツ

たまにはカロリーたっぷりのスイーツを食べたくなりますが、食べた後の身体のだるさや罪悪感がすごいです。

カロリーが低い食べ物は美味しくないといいますが、カロリーが低くて美味しいコンビニスイーツがあればリピートしたくなります。

糖尿病は誰でもなる可能性がある病気です。糖質の過剰摂取は年齢が上がるほど気になってしまいます。

ドーナツに限らずコンビニ業界が健康志向なスイーツをもっと開発すれば、商品をヒットさせることは可能だと思います。

みなさんはコンビニでどんなドーナツがあると嬉しいですか?

コンビニで買える体にいいデザートがもっと増えるといいですね(*ฅ́˘ฅ̀*) 

kinakoneko.hatenablog.com 

kinakoneko.hatenablog.com 

kinakoneko.hatenablog.com