きなこ猫のスッキリ生活

漫画とダイエットレシピ。猫2匹と暮らしながら趣味でお絵かき

初心者向け自作LINEスタンプの作り方と申込方法

スポンサーリンク

自作LINEスタンプの作り方と申込方法

無職のうさぎたんLINEスタンプ作成のお手伝いをさせて頂きました!猫野きなこです。

LINEスタンプに関しては初心者で、作り方は全くわからなかったのですが、無事発売まで漕ぎ着けることができました。

発売されたLINEスタンプはこちらです!

store.line.me

今回は自作のラインスタンプを作りたいと思っている人向けに、LINEスタンプの作り方と申込み方法をまとめました。

LINEスタンプを作ろうと思ったきっかけ

無職のうさぎたんとは「30歳からの敗者復活戦」というブログを運営している無職童貞炎上ブロガーの男性です。

blog.gyakushu.net

うさぎたんは派遣切りされて無職になり、ヤフオクのせどりや治験のバイトで生計を立てています。最近はブログからの収益も増えてきたようです。

ブログでうさぎたんが「税金が払えない」と弱音を吐いていたので、何か自分にできることならしてあげたいなと思っていました。

うさぎたんにブログを無料でアドバイスしてもらう「無職コンサル」をしてもらったお返しに私もうさぎたんのブログをコンサル返ししたのですが、その記事で「LINEスタンプを発売してみたらどうか」という提案をしました。

www.kinakoneko.com

私のコンサル記事を見たうさぎたんから「LINEスタンプを作って欲しい」とDMをもらい、2人でLINEスタンプを作ることになりました。

LINEスタンプの作成費用

私はうさぎたんにお金は貸せないのですが、趣味でイラストが描けるので「LINEスタンプの売上が多少でも彼の生活の足しになったらいいかな」と思い協力することにしました。

LINEスタンプの作成費用については、うさぎたんから「ランサーズの募集コンペでは 5万円が相場らしい」と言われたので、深く考えずに「じゃあ半額の2.5万円でどうですか?報酬が2.5万円までいかなければそのまま全部うさぎたんの報酬でいいので」と返しました。

しかし、冷静に考えると報酬は半額でも高い気がしてきました。

今回のスタンプ作成は一からデザインするのではなく、うさぎたんがデザインした子豚みたいな人面うさぎを使って描くだけだからです。

制作費用を大きく超えないと私だけが得してしまうため「やっぱり無料でいい」と伝えました。

しかし、うさぎたんは全くの無料で私に描いてもらうことに罪悪感を感じていたみたいです。

年末にブログで1万円を支払うと言っていただいたので、今回のLINEスタンプ作成の報酬は1万円ということになりました。うさぎたんありがとうございます!

blog.gyakushu.net

スタンプの報酬は?売上分配金はいくら?

スタンプの売上はAppleやGoogleの手数料30%を除いた50%が分配されるので、販売価格の35%が報酬になります。

  1. 35%…クリエイター(作者)
  2. 35%…LINE
  3. 30%…AppleまたはGoogle Play

2015年1月まではクリエイターが50%だったので、大幅ダウンですね。

報酬金額も購入方法によって変わります。

  1. LINE STORE から購入…42円(120円の35%)
  2. アプリ内スタンプショップから購入…31円(50LINEコイン88円の35%)

通常はアプリで買うことが多い気がします。間をとって売上報酬が36円としても278人が購入してやっと1万円の売上ということになります。

しかし、ヒットすれば数時間で数万円を稼げるみたいです。

うさぎたんはキティちゃんを超えると言っていたので、きっと余裕で大丈夫でしょう…。

LINEスタンプの作り方

LINEスタンプ作成の流れを簡単にまとめました。

作り方は制作ガイドラインスタンプ審査ガイドラインを事前によく読んでから作り始めます。

よく読まずに始めるとリジェクトというやり直しが増えるので注意しましょう。

スタンプ画像の個数を決める

まずLINEスタンプを作る個数を決めます。

昔は一律40個でしたが、現在は5種類の個数から選ぶことができます。

  1. 8個
  2. 16個
  3. 24個
  4. 32個
  5. 40個

クリエイターズスタンプのランキング上位は40個の120円(50コイン)がメインです。

ここで手抜きして少ない個数で作るのは簡単ですが、うさぎたんの友達や知り合いで買ってくれる人に悪い気がしました。

それに知らない人から「買いたい」と思ってもらえる個数にしないといけません。

無職のうさぎたんスタンプも目指すはランキング上位なので、40個120円で挑戦することにしました。

画像は写真でもいいので、イラストが描けない人でもLINEスタンプを作ることが可能です。

日常で使いやすいセリフを考える

クリエイターズクリエイターズLINEスタンプ画像

LINEスタンプは世界中で使われることを想定してセリフを入れなかったり、英語にしている人もいます。

私は日本語スタンプをよく使っているので、セリフ入りのスタンプを作ることにしました。

うさぎたんがブログでよく言っているセリフを中心に40個のセリフを2人でアイデアを出し合い、スタンプに使うセリフを3つの方法で厳選します。

  1. 使い勝手がいいものを選ぶ
  2. 長いセリフは短く修正する
  3. マークをつける(◯採用△保留×不採用) 

2人の意見がかぶっているものは採用です。うさぎたんはスタンプをあまり使わないということで選択はほとんどこちらに任せてもらいました。

1人で作っている人は、イラスト作成前に友達や家族にセリフのアイデアを見せてみるのがおすすめです。

LINEスタンプを作る画像サイズ

LINEスタンプを作る画像サイズ

画像サイズは3種類あります。

画像画像サイズW(幅)H(高さ)(pixel)
メイン画像(1個)
(トップやランキングに表示される)
W 240 × H 240
スタンプ画像(8~40個) W 370 × H 320 (最大)
トークルームタブ画像(1個)
(スタンプを選ぶ時に表示される)
W 96 × H 74

私はスタンプ画像のキャンバス設定を以下の設定にして、CLIP STUDIO PAINTで作成しました。

  1. 画像サイズは幅W1480 × 高さH1280(25%で書き出し)
  2. 解像度72dpi
  3. カラーモードRGB

これが正しいかどうかわかりませんが、この画像サイズと解像度で作ったらこうなるんだなという判断基準にしていただければと思います。

イラスト作成の注意点は以下の通りです。

  1. トリミングした画像に10px程度の余白が必要
  2. 画像は1個につき1MB以下
  3. 縦横のピクセルは偶数にする
  4. 透過がされているか確認する
  5. 画像はPNG形式で保存する
  6. スタンプ画像は余白を含め、最大以下のサイズにする

個人的にスタンプの大きさは余白を含めてW300~330×H270~320くらいに収めるのが丁度いいと思いました。

最大サイズのW 370 × H 320は横幅がかなり大きく感じてしまいます。

大きさの確認はLINEスタンプシュミレーターを使ってテストするのがおすすめです。

LINEスタンプを申請する方法

画像が完成したらLINEスタンプの申請です。それでは順番にLINEスタンプの申し込み方法を紹介します。

LINEスタンプのアカウント作成

LINEスタンプを発売するためにはアカウントを作成する必要があります。

まず、LINE Creators Marketを開きましょう。

登録ボタンを押す

LINEクリエイターズスタンプのアカウント作成

そして画面中央にある「スタンプや着せかえを制作してLINEで販売しよう!」の下にある「登録はこちら」というボタンを押します。

LINEにログインする

LINEログイン画像

LINEで使用しているメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

利用規約と登録情報の入力

利用規約と登録情報の入力画像

同意するにチェックを入れて登録情報を入力し、確認ボタンを押します。

確認ボタンを押したら以下のような流れで登録の完了です。

  1. 情報の確認をして登録ボタンを押す
  2. メールアドレスにクリエイター登録確認のURLが届く
  3. メールのURLを24時間以内にクリックする
  4. クリエイター登録が完了する

送金先情報の入力

送金先情報の入力画像

クリエイター登録が完了するとこのような画面になり、「送金先情報」ボタンを押して入力をします。

振込先の選択と入力

振込先の選択と入力画像

送金手段を銀行振込とLINE Payの2つから選びます。

LINE Payとは、加盟店での決済やLINEの友達への送金ができるおサイフカードです。

使用するたびに2%のポイントが貯まります。

LINE Pay: 登録 使い方編

金融機関は振込手数料が一律540円かかりますが、LINE Payなら無料です。

後からでも、「アカウント設定」→「送金先情報」で変更できます。

新規登録

新規登録画像

口座登録が完了したら、右上の新規登録ボタンを押します。

スタンプボタンを押す

スタンプボタン画像

続いて画面の「スタンプボタン」を押します。

スタンプ詳細の入力方法

スタンプ詳細の入力方法

ここから英語で書かないといけない箇所があるので、すこし面倒ですがGoogle翻訳などの無料翻訳ソフトを利用して頑張りましょう。

うさぎたんはスタンプをStampと書いてリジェクトだったそうです。

StampではなくStickerが正しいそうなので間違えやすいですね。

blog.gyakushu.net

言語を追加は「Japanese」を選択し、追加ボタンを押して日本語情報も入力します。

販売情報

販売情報説明画像

クリエイター名を英語と日本語で入力します。

コピーライトとは著作権という意味です。「©」マークを最初につけて50文字以内の英数字で入力すればOKです

コピーライト表記には、主に以下のような表記方法があります。「Copyright ・© ・ (c)」の3つは同じ意味です。

  • ©●●●
  • ©2017 ●●●
  • copyright©●●●
  • Copyright (C) 2017 ●●● All Rights Reserved.

年号はあってもなくても大丈夫ですが、入れる場合は「発行年」または「発行年-現在年」の表記を入れます。

●●●の部分は自分の名前や企業なら企業名を入力する場合が多いです。

テイストカテゴリ

テイストカテゴリは8種類から選びます

  1. カワイイ・キュート
  2. ラブリー
  3. カッコいい
  4. ほんわか・癒し
  5. 方言・スラング
  6. シュール
  7. 面白い・ネタ
  8. 未設定

未設定以外で近いものを選ぶようにしましょう。

カテゴリーごとにランキングが表示されるので、ランキング狙いなら数が少ないカテゴリを狙うのがいいかもしれません。

キャラクターカテゴリ

次にキャラクターカテゴリを13種類の中から選びます。うさぎたんの場合ならウサギですね。

  1. 男性キャラ
  2. 女性キャラ
  3. 家族・カップル
  4. ネコ
  5. ウサギ
  6. イヌ
  7. クマ
  8. トリ
  9. パンダ
  10. アザラシ
  11. 食べ物
  12. その他
  13. 未設定

販売エリアは「販売可能な全てのエリア」でいいと思います。

オプション

オプション入力説明

オプションの入力は著作権を確認しやすくするものなので、入力したほうが審査期間が短くなるようです。

「作品が確認できるURL」にはホームページなどで画像を確認できるリンクを入力しましょう。

「ライセンス証明書」や「その他、補足事項」も何かあれば入力しますが、普通は「作品が確認できるURL」だけになると思います。

全ての入力が完了したら保存ボタンをクリックします。

スタンプ画像の入力

スタンプ画像の入力

スタンプ画像のアップロードのやり方は、アイテム管理の「スタンプ画像タブ」をクリックして編集ボタンを押します。

スタンプ個数の変更

スタンプ個数の変更

スタンプ個数の変更方法は、スタンプ個数(1個セット)の変更の横にあるタブをクリックすると、個数を選ぶことができます。

ZIPファイルで一括アップロード

ZIPファイルで一括アップロードしたい場合は、スタンプ画像のファイル名を以下のように設定します。

  1. メイン画像…main.png
  2. スタンプ画像…01.png〜40.png
  3. トークルームタブ画像…tab.png

ZIP形式での一括アップロードをしない場合は、Uploadボタンを押して画像を1つずつ登録していきます。

スタンプ画像の順番

スタンプ画像の順番はよく使うものを上に持ってくるようにした方が使い勝手がいいです。

ありがとう・ごめんなさいなどの対になる言葉は隣同士に配置したほうがわかりやすいかもしれません。

販売価格情報の価格設定

販売価格情報の価格設定

価格設定は5種類から選ぶことができます。

  1. 120円
  2. 240円
  3. 360円
  4. 480円
  5. 600円

クリエイターズスタンプは120円が相場なので、あまり高くすると売れにくくなる可能性が高いです。

リクエスト送信と審査期間

全てを入力し終わったら右上のリクエストボタンを押し、申込み完了です。

審査期間は昔は平均3ヶ月と言われていましたが、現在は平均5日くらいに短くなっているそうです。

審査結果が早くわかるように改善されたのは嬉しいですよね。

無職のうさぎたんスタンプは最初のリジェクトの返事は5日くらいでしたが、その後なかなか返事が出ず、年末年始を挟んでトータル1ヶ月ほどかかりました。

リジェクトされた理由

リジェクトされた理由

リジェクトされたスタンプは40個中2個でした。

  1. 背景の一部が部分的に透過漏れしていた
  2. スタバという言葉が著作権に違反していた

確かにスタバはダメですよね…。

背景の一部が透過漏れしていたのはイマイチわからなかったのですが、線画から白い部分がはみ出していたのが原因かなと思います。

スタバはカフェに変えて、透過漏れもチェックして再申請した結果、無事無職のうさぎたんスタンプが承認されました。

完成したスタンプの紹介

スタンプは40個もあるので、私のおすすめスタンプを厳選して5個紹介させて頂きます。

ブログが炎上無職のうさぎたんスタンプイラスト

ブログが炎上しちゃってる時に使ってください!

クレイジー過ぎる無職のうさぎたんスタンプイラスト

きよねこさん(id:kkvv)のようなクレイジー過ぎるブロガーを見つけた時に、使い勝手バツグンのスタンプです。

会社員の末路無職のうさぎたんスタンプイラスト

会社員の友達が愚痴ってきた時に送りつけてください!

無職で忙しい無職のうさぎたんスタンプイラスト

無職で忙しい時に、このスタンプで相手を黙らせてください!

有給が取れない無職のうさぎたんスタンプイラスト

仕事で有給が取れない時に上司に送って「パワハラで訴えるぞ」という無言の圧力をかけてください!(正直これ一番リジェクトになると思ってた)

まとめ

使い勝手抜群すぎる無職のうさぎたんスタンプいかがだったでしょうか。

よかったら以下のリンクから300人ほどダウンロードして頂けるとうさぎたんが喜びます。

store.line.me 

買わなくても宣伝してもらえるだけでも嬉しいです!よろしくお願いします!

私も自分のLINEスタンプを作ってみたくなりました。

やってみると意外と簡単なので、この記事がLINEスタンプを作ろうと思うきっかけになれたら嬉しいです。

▼うさぎたんをコンサル返しした記事

www.kinakoneko.com 

▼うさぎたんときよねこさんの漫画(腐女子向け)

www.kinakoneko.com  

www.kinakoneko.com